>

女性は待っている?

婚約指輪とは?

婚約指輪とは、古代ローマ時代に婚約成立の意味で鉄製のリングが贈られたところから始まったようです。
ダイヤモンドのついたリングになったのはもう少し後のようですが、ダイヤモンドは天然の鉱物の中で最も硬く永遠の絆を示すもの、また、永遠に美しく輝くことからさまざまな良いことの象徴として選ばれたようです。
日本で婚約指輪が定着するのはもっと後のようです。当初はダイヤモンドではなかったようなのですが、ダイヤモンド供給会社による婚約指輪のキャンペーンによって定着し始めたようです。バレンタインデーなどと同じように広告の力で広まったのですね。
ヨーロッパなどでは婚約指輪の方が先で結婚指輪が後のようですが、日本はその逆のようです。私のイメージでも婚約指輪より結婚指輪の方がずっと身につけているものなので大切なのかな、という気がします。

プロポーズ事情

プロポーズ…生涯を共にすると決めた相手から、おそらく一生に一度だけのタイミングでしてもらうもの。
夢を見ないはずがありません。プロポーズのタイミングはそれぞれあると思いますが、同時に婚約指輪をもらうという女性がどのくらいいるのでしょうか。

実際プロポーズと同時に婚約指輪を渡すということはあらかじめ、彼女の指輪のサイズが分かっていないと、更に好きなデザインでないといざ渡して好みのデザインじゃない、あのブランドのが良かったなんて言われた日には…となると決めて作ってもらうのに2ヶ月は見た方が良いということなので、よし!今日プロポーズしよう!という思い立ったら吉日ができません。それよりもとにかく婚約指輪が欲しい、ということでしたらそこから共同作業、プロポーズまでの計画をしっかりと練らなければいけません。
そういうのに耐えられて好きな男性なら良いのですが…。


この記事をシェアする
TOPへ戻る